この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

見直すべき部分とは

使っていないなら消す

誰かが部屋にいる時は、電気を点けたままにしても良いでしょう。
部屋が暗いと、作業しにくくなるデメリットがあります。
しかし作業が終わって部屋を出ていく時は、必ず電気を消してください。
ずっと点けたままにしていると、高額な電気代が掛かってしまいます。
消し忘れを回避するために、人感センサーを取り付ける工事をするのが良い方法です。

人感センサーがあれば人が来たら自動で電気が点きますし、いなくなったら自動で消えます。
自分で電気を点けたり消したりする手間を、削減できる面もメリットですね。
これまで電気代が高くて困っていた会社は、そのような工事で改善できることを理解してください。
今後のために、早めに工事を依頼しましょう。

他の仕事ができるように

やりたい仕事があっても、経費の問題で諦めていた会社が見られます。
電気代を削減することで、仕事で使える経費を増やせるのでメリットが多いです。
人感センサーを搭載する時は、どこの部屋に取り付ければ良いのか考えてください。
トイレや倉庫など、人が長時間過ごさない部屋に搭載するのがおすすめです。

また照明の明るさを一段階落としたり、LED照明に変えたりすることも電気代の削減に効果を発揮できると言われています。
人感センサーに変える工事だけでは、まだ納得できる結果にならないかもしれません。
自分の会社でできることを調べて、実践してください。
最も経費を削減しやすい部分が電気代なので、簡単にできる工夫をどんどん把握しましょう。